保育園 入園準備アイテム

保育園購読幼児用絵本(チャイルドブック)

 子供の通う保育園では、チャイルド社の絵本の購読が義務付けられています。平均400円くらいでしょうか。毎月月謝袋に絵本代ということで請求されています。保育園によって定期購読の絵本があるかどうかは違うと思いますが、子供の通う園のように定期購読のある園もあります。

 

 

 実は、息子のいとこの大きなお兄ちゃん達も幼稚園で購読していたらしく、息子が入園する以前に大量に貰った経験があります。なので、保育園に入園して購読するようになった時に、チャイルド社の絵本って全国的に幼稚園や保育園で購読されているんだということを知りました。

 

 

 息子の通う保育園では、お帳面から制服まですべてチャイルド社のものです。絵本の購読もその流れもあるんだろうなと思います。

 

 

チャイルド社の絵本ってどう?

 子供用の定期購読の絵本といえば、こどもちゃれんじが最もなじみが深かったのですが、チャイルド社の絵本も子供はすごく喜んで読んでいます。小さい子向けの絵本はシール遊びがあったり、しかけがあったり、大きくなると巻末には簡単な工作があったりと楽しいみたいです。

 

 また季節の描写が多いのもいいですね。秋にはさんまが取り上げられたり、夏にはカブトムシが取り上げられたり、絵本を通して親子の会話が膨らみますね。

 

絵本の処分ってどうするの?

 我が家の場合は、絵本が増えすぎるのも困るので、いとこに貰ったチャイルドブックの絵本は、息子のお気に入りの絵本を除いては処分しました。古紙としてリサイクルに出しました。

 

 息子と同じくライスの女の子のママは、小児科のある病院に寄贈したと言ってました。その小児科で偶然会って、娘が手に取った絵本を見て、『この絵本、寄贈した絵本やねん。』って言ってました。名前の場所は白いシールが貼られていて、病院の名前が書かれていました。

 

 

記事投稿日2013年10月4日

保育園購読幼児用絵本(チャイルドブック)関連ページ

幼児教育(こどもちゃれんじ)
保育園 入園準備アイテム情報を実体験をもとに紹介します。

スポンサードリンク

お薦めリンク


 
トップページ 管理人情報 サイトマップ 育児ブログ 入園準備アイテム通販