保育園 入園準備アイテム

自転車通園をしていて怖かった体験

 当サイトを立ち上げた頃は、子供を二人乗せての自転車通園を始めたばかりでした。

 

 二人を乗せての自転車通園から1年以上経過した今、怖いと思ったこと、実際に怖かったことを挙げてみたいと思います。

 

 なお、自転車通園を否定しているわけではなく、危険回避の参考になって頂けたら幸いです。

 

怖い!!と思った体験

荷物がフェンスに引っかかりバランスを崩しそうになる

 週明けの月曜日は、布団袋に布団を入れ、それを肩から下げて自転車を運転しています。ある時、いつも通り踏み切り待ちをしていました。遮断機が上がり後ろの車に先に行ってもらうと思い、かなりフェンス側に寄ったんです。そして、いざ自転車で進もうとおもったら、布団袋がフェンスの角にひっかかって、自転車が前に進めない状態になりました。

 

 一人なら、普通に自転車をバックして、ひっかかった袋を外せば済むことですよね。

 

 しかし、前と後ろに合計24キロ位の子供を乗せていると、自転車でのバックだけでも大変なんです。ちょっとバランスを崩したら、転倒する可能性もあります。二人の子供を乗せていたら、ある程度スピードを出して走る時は怖くないんですが、徐行とかのゆっくりのスピードでのバランスが難しいんですよね。

 

 あの時、ただ自転車をバックさせてひっかかった袋を取るだけの行為が、正直怖かったです。そして、これがもし走っている時に起こったらもっと怖かっただろうなと思いました。

 

 荷物などが周辺のフェンスや木やいろいろなものに引っかからないように細心の注意が必要だと感じました。

 

子供が通園バッグを落とす→自転車転倒

 荷物が少ない時は、ハンドルの脇に息子の通園かばんも下げるのですが、多い時はカバンだけひざの上で持ってもらうことがあります。

 

 このカバンを自転車走行中に息子が落としてしまいます。

 

 問題は落とした場所です。車が一台のみ通れる道なので、結構車は急いで飛ばします。落としてまずは、後ろから車が来ていないかが気になりました。すると、車がきていました。交通量の多い道なので急いで取らないといけないと思い、一応自転車を道の脇まで持って行きとめました。そして、私だけ急いでカバンを取りに走りました。

 

 しかし、急いでいたので、自転車の停車の仕方が甘かったんだと思います。若干傾きのある道でしたし、さらには子供は乗った状態です。子供が重心を変えるなどのちょっとした変化で自転車はバランスを崩し、転倒してしまったんです。

 

 正直汗が出ました。フェンスなどもあったので、フェンスとフェンスの間などに頭を挟んでいたら大変だと思いました。しかし、幸いにも子供たちに怪我はありませんでした。ヘルメットをかぶっていたのも良かったんだと思います。

 

 この経験で、しばらく自転車に乗るのが怖くなりました。

 

 そして学んだのは、荷物の落下の可能性は0%にしなければいけないということです。以後通園カバンを子供に持たせる時は、シートベルトにカバンも通して落ちないようにしています。

 

 

 

自転車通園は楽しいですが、危険もたくさんあります。でも徒歩でも自動車でも危険はあります。なので、過度に警戒しすぎず、かと言って軽視しすぎずに、楽しく通園できたらとイイですね!案外クルマのみでの通園のお子様は、自転車をうらやましがったりするものです。


 

 

記事投稿日2013年11月28日

自転車通園をしていて怖かった体験関連ページ

自転車
保育園 入園準備アイテム 子供乗せタイプの自転車の紹介です。
ヘルメット
保育園 入園準備アイテムである通園用の子供用自転車ヘルメットの紹介です。
レインコート
保育園 入園準備アイテムである雨の日の登園用のレインコートを紹介します。

スポンサードリンク

お薦めリンク


 
トップページ 管理人情報 サイトマップ 育児ブログ 入園準備アイテム通販